カプセル

ヘルペスはウィルス感染によって引き起こされる皮膚病の一種です。発症する場所は主に口と性器で、口唇ヘルペスにかかると唇の周辺に細かな水疱が現れます。性器に発症した場合、性器の周辺や陰茎などに水疱や赤い発疹、潰瘍などが出来ます。通常一度感染すると免疫ができて再発しにくくなりますが、ヘルペスウイルスは再感染を繰り返す確率が高く、再発を繰り返す場合も少なくありません。成人の場合、年に1~2回の頻度で繰り返す人もいます。

ヘルペスの原因は多岐にわたります。一般的に口の周りに症状が現れるのは、単純ヘルペスウイルス1型で、性器の場合は2型に感染したことが原因です。感染経路は、キスや性行為、感染者が使ったタオルや食器など、他人と接触することが挙げられます。家族の中で感染した人がいる場合、他の家族も発症しやすいと言われているのはこのためです。

外的要因だけではなく、乳幼児期にすでに体内にウイルスを持っていて、それが何らかのきっかけで発症することがあります。風邪を引き熱が出た後に唇のまわりに、小さな水ぶくれが出ることがありますが、体の抵抗力が落ちている時に出やすくなります。ストレスや紫外線、加齢やステロイドなどの薬を使用するなどして、免疫力が低下した場合も発症しやすいと言えるでしょう。アトピー性皮膚炎を患っているなど、皮膚のバリア機能が弱まっている人も注意が必要です。一度ヘルペスにかかってしまうと、重症化する恐れがあります。

ウイルスが体内に侵入してから3~7日ほどの潜伏期間を経て症状が出ます。感染経路が多く再発しやすいため、ヘルペス感染に恐怖心を抱くかもしれませんが、体内にウイルスが入ったとしても、普通の免疫力があれば心配する必要はありません。

体を洗うことでウイルスを洗い流すこともできますし、発症する原因をしっかり掴んでおけば、適切な予防対策をすることも可能です。万が一感染したとしても、原因がわかっていれば治療もスムーズに行なえますので、怖がる必要はありません。

ヘルペスの治療は、医師の指示に従いながら、適切に服用することに加え、生活習慣を整えることがポイントになります。考えられる感染経路を知り、避けることも有効です。再発しやすいと言われているヘルペスですが、根気強く治療を続けることとで、再発を減らしたり防ぐことができます。こうした治療方法や予防方法は複数ありますので、自分に合ったものを見つけていくことが早期治療のポイントになります。