• ホーム
  • ヘルペスの再発に備えるためにはバルトレックスを購入しておくのがいいかもしれない

ヘルペスの再発に備えるためにはバルトレックスを購入しておくのがいいかもしれない

2020年01月25日
男性を診ている医者

薬を常備しておくことは、ヘルペスの再発に備える、賢い方法です。よく知られている薬にバルトレックスがあります。バルトレックスは、核酸類似体の抗ヘルペスウイルス薬で、体内でアシクロビルという成分に変換、抗ウイルス作用を持つウイルスDNAの複製を阻害することでウイルスの増殖を抑え、症状を改善させていきます。この働きから、バルトレックスはヘルペスを始め帯状疱疹や水痘の治療に用いられます。

バルトレックスは吸収効率が高く、通常1日1~3回服用するだけで、効果が得られます。ヘルペスを発症してからすぐに飲むほど効果は高くなると言われています。薬の用量や用法は、症状の程度や体質などで変わってきますが、医師の指示通りに服用することが大前提です。服用期間は5日間が目安ですが、場合によっては服用間隔を延ばす、違う薬に変えるなど、ここでもバラつきがあります。いずれにしても医師の指示に従うことが賢明で、自己判断で止めたり変更することは避けましょう。治療が遅れたり、再発の恐れが出てきます。

性器ヘルペスの治療の場合、服用期間が長くなる傾向があります。投薬の他に、性交渉の際はコンドームを使用するなど、医師からアドバイスされこともあるので、指示に従うようにしましょう。人によっては自転車や自動車の運転の危険性を指摘される場合もあります。まれにバルトレックスを服用することで、意識障害を起こすことがあるからです。特に腎臓病を患っていたり、高齢者の場合は、尿として薬の成分が長時間体内に残りやすいため、注意が必要です。服用前に医師に相談することが推奨されます。

バルトレックスの副作用は少ないほうで、言われているのは下痢や吐き気、めまい、発疹などです。服用することで眠気を感じる人もいます。
再発を繰り返したり、バルトレックスを継続して服用する場合は、個人輸入通販サイトでバルトレックスを購入するとコストを抑えることが出来ます。個人輸入サイトは、海外で認められていても、日本では認められていない医薬品を輸入販売しています。処方されたものを購入するよりも、安価で販売されているという特徴があります。

良心的な個人輸入通販サイトは、厚生労働省の許可を得て、正規品を適正価格で販売しています。そうしたサイトからの購入は安全で、処方されるのと同じバルトレックスを、コストを抑えて手に入れることができます。継続して治療を続けたいけれど薬代が心配だという人は、個人輸入通販サイトでの購入を検討してみてはいかがでしょうか。