• ホーム
  • ヘルペスの治療薬を常備するには財布にやさしいジェネリックが魅力的

ヘルペスの治療薬を常備するには財布にやさしいジェネリックが魅力的

2020年02月13日
病原体

個人輸入通販サイトのもう一つの魅力は、先発品とともに、ジェネリックも販売しているということです。ヘルペスの治療薬は、バルトレックスだけではありません。バラシクロビル塩酸塩はバルトレックスのジェネリックで、先発品と同じくヘルペスの治療薬として用いられています。

薬の効果も先発品とほぼ変わりありませんし、服用方法も、1日1~3回と同じです。先発品とジェネリックの大きな違いは発売価格で、通常ジェネリックのほうが安価で販売されています。継続して薬を服用したり、万が一再発したときに備えて常備しておく薬はできるだけコストを抑えておきたいところですが、財布に優しいジェネリックはぴったりです。

ヘルペスのジェネリック治療薬を取り扱っている個人輸入通販サイトもあります。リーズナブルな価格で販売されていることがあるので、購入先としてはおすすめです。ただし、個人輸入通販サイトと言っても良心的なところからそうでないところまで多数あるので、購入先選びには診療になる必要があります。販売している商品や、店を利用したことのある人の評価、販売価格などを参考にして、できるだけ良い通販サイトを選ぶようにしましょう。ほとんどの個人輸入通販サイトは、ルールに従って販売していますが、中には偽物を販売している悪徳サイトもあります。写真のパッケージが正規品かどうかよくチェックすることもサイト選びに失敗しないポイントです。複数のサイトと比較してから決めるとより安心です。

注意する点は、ジェネリックにも、服用に注意する人や飲み合わせに気をつける薬があるということです。腎臓や高齢者、アレルギー反応のある人、他に常用している薬があるという人は、服用の前に意思に相談することが賢明です。妊娠中である、または妊娠を予定している人も自己判断で服用せずに、必ず医師に相談するようにしましょう。

子供と成人では、用量などが異なってきますので、決められている範囲内での服用が望まれます。迷ったり不安になった場合は、服用前に医師に相談することが一番です。

もし飲み忘れてしまったら、その時にすぐに服用します。それに合わせて次に服用する時間も調節します。2回飲み忘れてしまったからと言って、2回分を一度に服用することはおすすめできません。5日間飲み続けても、ヘルペスの症状が改善されない場合は、ジェネリックが合わないことが考えられます。その場合は、ジェネリックの服用を止めて、医師に相談しましょう。